クレンジングゲルに配合するPCAとエクトインを比較

クレンジングゲルは比較的に刺激が弱く保湿効果が強いのが特徴的です。
配合成分に「PCAーNa」と[エクトイン]がありますが、どちらもグリセリンやソルビトール、グルコースと比較しても、潤いを与える力が強い物質です。PCAーNaの正式名称はピロリドンカルボン酸ナトリウムと呼びます。

効果は保湿と皮膚の水分量を上げる、乾燥しない様に潤いを保持しますが、グリセリンよりも効き目があります。PCAーNaはクレンジングゲルのデメリットを和らげる為に使われますが、他に配合する植物エキスと相乗効果を発生させて、保湿効果を高めます。

主な原料は大豆や糖蜜、特定の植物からですが、化学合成でも作り出せます。グルタミン酸を原料にしますが、どちらも効果はほとんど同じです。クレンジングゲルなどに配合されるエクトインは塩分を含む砂漠に存在する微生物から得られる、アミノ酸の一種です。

エクトインは磁石のように水分を引き寄せて、繋ぎ止める力があります。皮膚に塗布すると肌の中にある細胞を強化する働きかけをしますが、その細胞の防衛機能を高めて水分蒸発を抑制したり、潤いを保持するように作用するのが最大の特徴です。PCAーNaとエクトインを比較すると、結果的に保湿する力が強いのはエクトインの方です。PCAーNaは細胞の防衛機能を動かしません。しかし、どちらもクレンジングゲルに配合するのには適した成分です。メイク落としに必然的に生じる刺激をカバーします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です