クレンジングゲルとは?その種類と比較

女性であれば、美容に気を配ってスキンケアや化粧などを行う人も少なくありません。

化粧品を落とす時に使用されているクレンジングゲルとはどのようなもので、その種類を比較するとどのような特徴があるのでしょうか。クレンジングゲル(ジェル)とは、クレンジング剤をゼリー状のものにして作ったものです。ジェル特有の触感や肌触りのために、吸着性や肌への馴染みが良いこと、摩擦も少ないために肌への負担が少ない点も魅力の一つになります。ゲル剤で固めたクレンジングと、粘性の高い保湿剤を混ぜることでジェル状にしているタイプのものがあります。

クレンジングゲルには、水性と油性の2種類に分かれ、水性の中にはオイルを含むものと含まないものに分かれます。クレンジングゲルをそれぞれ比較すると特徴が違う為に、自分のメイクにあったタイプのものを使用することが大切です。オイルを含まない水性ジェルタイプは、油分ゼロで界面活性剤は多目です。油分を含んでいないため、マツエクを付けている場合でも安心して使用することができます。油分を含まないため他のものと比較するとメイク落ちの効果は下がるため、ナチュラルメイクを落とす時に適しています。オイルを含む水性ジェルタイプは、油分は少なく、界面活性剤は多目です。

一般的に史上で販売されているクレンジングゲルの多くはこのタイプになります。油分を加えることで、オイルフリーのタイプよりもメイクとの馴染みが良くなります。油分を含んでいるとは言え、油性タイプよりも油分量は非常に少ないため、ニキビ肌などの人にも向いています。油性のジェルタイプは油分が多めで界面活性剤が少な目です。オイルをジェル状にしているクレンジング剤のため、メイク落ちが非常に優れており、ウォータプールマスカラやリキッドファンデーションを使用している人にも適しています。界面活性剤の使用量が少ないために、肌への刺激も少ない特徴があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です